読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/22 神鉄

弘前のアパートに帰ってきたらインターネットが止められていまして。会社に問い合わせてみたところ「12月分だけクレジット払いじゃないので払ってくれ」とのこと。実にインターねねっちな案件。そんなわけでブログの更新もストップしていました。とりあえず大学でWi-Fi乞食して執筆しております。

21日に与野を発ち、「修学旅行以外では18年ぶり」の関西へ行ってきました。貧乏旅行なので18きっぷで1日かけて与野~岡谷~豊橋米原加古川~粟生~三木と横断、翌日から行動を開始しました。

f:id:mkml:20170329222354j:plain

3018F 晴れたり曇ったりでストレスの溜まる天気でしたが、これは晴れてくれて満足。

f:id:mkml:20170329222404j:plain

1360F 準急鈴蘭台、やたら運転区間が短いですね…。

f:id:mkml:20170329222417j:plain

5006F 個人的には3扉4連くらいがちょうどいいのです。

f:id:mkml:20170329222424j:plain

f:id:mkml:20170329222459j:plain

1376F・1106F 前パンは難しい…。

f:id:mkml:20170329222508j:plain

3016F 回送(よく知らない)。

f:id:mkml:20170329222604j:plain

f:id:mkml:20170329222610j:plain

f:id:mkml:20170329222616j:plain

5018F・1356F・6504F 何が来ても嬉しいのが慣れない土地への遠征というもの。

f:id:mkml:20170329222620j:plain

1120F ほんに勾配がキツい。

事前に情報を何も仕入れていなかったのですが、ここで25日にダイヤ改正があることを知りました。どうやら粟生線から急行が消えてしまうようなので、これはいかんと粟生線方面へ。

f:id:mkml:20170329222817j:plain

1108F 粟生方面は逆光なんですよね。

f:id:mkml:20170329222835j:plain

6004F しんちゃんの目が怖い。

f:id:mkml:20170329222848j:plain

2002F ダイヤ改正で毎時3本が毎時2本になる志染行き。

f:id:mkml:20170329222856j:plain

6504F さっきも撮ってました。

f:id:mkml:20170329222901j:plain

3012F 雲が陰湿なので肝心なときに曇ってくれません。

f:id:mkml:20170329223018j:plain

1120F 前パン急行が撮れたので撤収。

f:id:mkml:20170329223037j:plain

3004F 長田駅の後ろはへばりつくように住宅が建ち並んでいるので好きです。

f:id:mkml:20170329223051j:plain

5002F ハッピートレインとやら。何度見てもしんちゃんの目は怖いです。

f:id:mkml:20170329223044j:plain

1120F 運用が一巡するのが思いの外早い感じがしました。

f:id:mkml:20170329223058j:plain

1120F よく見るほうの長田沿線。

今度は三田線へ。「三田線」単体で検索すると都営の方しか出てきませんが、神鉄三田線は「さんだせん」です。

f:id:mkml:20170329223143j:plain

1154F オレンジの何かがめちゃくちゃ気になりますが、他の所に行って曇られるよりはましかと思われ。

f:id:mkml:20170329223524j:plain

5002F 5001は小野市の市花であるひまわり、5002は三木市のつつじのラッピングが施されています。

f:id:mkml:20170329223150j:plain

f:id:mkml:20170329223140j:plain

3004F・2010F 雲行きは怪しいですが光線は生きてました。

f:id:mkml:20170329223536j:plain

1356F 沿線を散策していたら撮れそうなところを見つけたので一発。晴れの時にもう一度行きたいものです。

f:id:mkml:20170329223822j:plain

海、ビル、家、山。

f:id:mkml:20170330142329j:plain

f:id:mkml:20170330142335j:plain

3006F・5014F 死ぬほど被られて怒ってました。

この後はオタクハウスにお泊まり。次の記事に続きます。