水分新報

オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

9/8 さいたま・9/9 秩父鉄道

恐らく髪を切りに行った日ですね。おうちから駅に向かう途中で光線が良さそうだったので一台撮りました。

f:id:mkml:20180212213358j:plain

大宮200か2286(QPG-LV234L3・5437) 

弘前にいても近くを同じ色のが走っているので、埼玉で見かけてもどうも埼玉感がありません。

 

本題はここからです。秩父鉄道の羽生方面に向かう最終列車の行き先は行田市でも羽生でもなく東行田行きなのですが、これを撮ったことがなかったのです。というか秩鉄自体普段乗るばかりでまともに撮っていなかったということで、終電だけと言わず朝から撮りに行ってきました。

f:id:mkml:20180212214350j:plain

七草トレイン。欲張りなので秋の七草おかゆにできればいいと思っています。

f:id:mkml:20180212214609j:plain

撮影した後に乗ったのですが、案外ふかふかでよい。急行券が200円とお手頃価格なので乗車率も結構ありました。

f:id:mkml:20180212215134j:plain

O-oooooooooo AAAAE-A-A-I-A-U- JO-oooooooooooo AAE-O-A-A-U-U-A- E-eee-ee-eee AAAAE-A-E-I-E-A- JO-ooo-oo-oo-oo EEEEO-A-AAA-AAAA

行田市から急行に乗って一気に影森へ。特に何を撮ろうとも考えずふらふら歩いていると、本線から分岐して森に消えていく三輪鉱業所専用線を発見。撮影機材をセッティングしているお爺さんも居り、聞いてみるともうすぐ来るとのことだったので慌ててカメラを構えました。

f:id:mkml:20180212215227j:plain

石灰石を満載して三ヶ尻へ向かっています。

撮影を終えて撤収しようとしたところさっきのお爺さんに「ちっとんべぇ待ってろいな」と言われ、対向も来ることを知ります。余談ですが、生きた秩父弁を聞くことができて感動しっぱなしでした。

f:id:mkml:20180212215603j:plain

対向が来る前に、下の本線を三峰口行きが駆け抜けて行きました。

f:id:mkml:20180212215607j:plain

かっこいい(プーマのかばん)。光線も申し分なく、嬉しい限りです。

f:id:mkml:20180212220500j:plain

影森駅に戻ると、西武の40000000000000000000000000000系がぼんやりしていました。

いったん熊谷に出てお昼ごはん。満洲のぎょうざです。ぎょうざを食べていると、メイテイケイが東京からやってきました。SLがもうすぐ来るということなので、熊谷を離れます。

f:id:mkml:20180212224804j:plain

迫力がすごい。

三ヶ尻線を撮ろうということになり、波久礼から明戸に移動しました。

f:id:mkml:20180212225108j:plain

電車を待っている間にも貨物列車が。本当に本数が多く飽きません。

f:id:mkml:20180212225204j:plain

雰囲気◎。

f:id:mkml:20180212225208j:plain

明戸で対向が5000系だったのでまたO-oooooooooo AAAAE-A-A-I-A-U- JO-oooooooooooo AAE-O-A-A-U-U-A- E-eee-ee-eee AAAAE-A-E-I-E-A- JO-ooo-oo-oo-oo EEEEO-A-AAA-AAAA

さて、明戸からとことこ歩いて撮影地を探すことになったのですが、なかなか適当な場所が見つかりません。時の流れというのは無慈悲なもので、我々の苦労など露知らず刻一刻と過ぎていきます。接近ギリギリでやっと撮れそうなところを見つけてなんとか収めることができました。

f:id:mkml:20180212225212j:plain

 

f:id:mkml:20180212225819j:plain

武川へ徒歩で向かい、側線と研修庫を外から眺めていました。かっこいい。

f:id:mkml:20180212225825j:plain

そうこうしているうちにまた貨物列車。

帰るメイテイケイを羽生までお見送りして、夜の部に突入です。

f:id:mkml:20180212230123j:plain

中間者改造のアレ。嫌いじゃないです。それにしても東急車だらけになりましたね…。よく乗っていたころは1000系だらけで5000系に当たるとラッキーな感じだったので、隔世の感があります。

f:id:mkml:20180212231359j:plain

O-oooooooooo AAAAE-A-A-I-A-U- JO-oooooooooooo AAE-O-A-A-U-U-A- E-eee-ee-eee AAAAE-A-E-I-E-A- JO-ooo-oo-oo-oo EEEEO-A-AAA-AAAA

終電の時刻が近づいてきました。熊谷で見届けることに決定。

f:id:mkml:20180212231507j:plain

O-oooooooooo AAAAE-A-A-I-A-U- JO-oooooooooooo AAE-O-A-A-U-U-A- E-eee-ee-eee AAAAE-A-E-I-E-A- JO-ooo-oo-oo-oo EEEEO-A-AAA-AAAA

f:id:mkml:20180212231603j:plain

羽生終ですが、熊谷始発なので逆入線になります。

f:id:mkml:20180212231940j:plain

O-oooooooooo AAAAE-A-A-I-A-U- JO-oooooooooooo AAE-O-A-A-U-U-A- E-eee-ee-eee AAAAE-A-E-I-E-A- JO-ooo-oo-oo-oo EEEEO-A-AAA-AAAA

f:id:mkml:20180212232015j:plain

O-oooooooooo AAAAE-A-A-I-A-U- JO-oooooooooooo AAE-O-A-A-U-U-A- E-eee-ee-eee AAAAE-A-E-I-E-A- JO-ooo-oo-oo-oo EEEEO-A-AAA-AAAA

f:id:mkml:20180212232052j:plain

22時38分、羽生終のO-oooooooooo AAAAE-A-A-I-A-U- JO-oooooooooooo AAE-O-A-A-U-U-A- E-eee-ee-eee AAAAE-A-E-I-E-A- JO-ooo-oo-oo-oo EEEEO-A-AAA-AAAAと秩父終のO-oooooooooo AAAAE-A-A-I-A-U- JO-oooooooooooo AAE-O-A-A-U-U-A- E-eee-ee-eee AAAAE-A-E-I-E-A- JO-ooo-oo-oo-oo EEEEO-A-AAA-AAAAが同時に発車してO-oooooooooo AAAAE-A-A-I-A-U- JO-oooooooooooo AAE-O-A-A-U-U-A- E-eee-ee-eee AAAAE-A-E-I-E-A- JO-ooo-oo-oo-oo EEEEO-A-AAA-AAAAO-oooooooooo AAAAE-A-A-I-A-U- JO-oooooooooooo AAE-O-A-A-U-U-A- E-eee-ee-eee AAAAE-A-E-I-E-A- JO-ooo-oo-oo-oo EEEEO-A-AAA-AAAA

f:id:mkml:20180212232345j:plain

羽生終と秩父終が出るやいなや、22時47分には東行田終が入線します。この行先を表示するのは1日に1回だけ。O-oooooooooo AAAAE-A-A-I-A-U- JO-oooooooooooo AAE-O-A-A-U-U-A- E-eee-ee-eee AAAAE-A-E-I-E-A- JO-ooo-oo-oo-oo EEEEO-A-AAA-AAAAが来てほしかったのですが、まぁいいでしょう。

f:id:mkml:20180212232539j:plain

側面表示。

f:id:mkml:20180212232618j:plain

東行田行きが30分停車している間に、寄居終がO-oooooooooo AAAAE-A-A-I-A-U- JO-oooooooooooo AAE-O-A-A-U-U-A- E-eee-ee-eee AAAAE-A-E-I-E-A- JO-ooo-oo-oo-oo EEEEO-A-AAA-AAAA。これで熊谷を出る下り列車はおしまいです。

f:id:mkml:20180212232737j:plain

念願の東行田終を拝むことができて楽しい一日になりました。今度はO-oooooooooo AAAAE-A-A-I-A-U- JO-oooooooooooo AAE-O-A-A-U-U-A- E-eee-ee-eee AAAAE-A-E-I-E-A- JO-ooo-oo-oo-oo EEEEO-A-AAA-AAAAだけを本気で撮ろうと思います。東行田終にも入って(懇願)